スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長浜厚生労働副大臣に面談、定期接種化を要請を行いました

去る2009年10月27日

厚生労働省にて長浜博行副大臣と面談し、細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンの早期定期接種化を要請を行いました。

この要請では以下の3点を要望しました。

これに対し長浜副大臣は
「民主党としてもこの問題は取り組んできた。急ぐようにとの指示は十分分かっている。治験の問題も含め、定期接種という形でと。国の決まりがあり、厚労省の手続きもあるので、説明していただいたことは承知の上で、対応を急ぐように努力させていただければと思っている」と前向きな回答をいただけた。




                          要望書




以下の内容について具体的な検討と対策を進めていただけますよう、要望いたします。


1.速やかにヒブワクチン(アクトヒブR)小児用肺炎球菌7価ワクチン(プレベナー)を予防接種法による定期接種対象疾患(一類疾病)に位置づけること。


2.ワクチンの医学的な必要性の明確化とワクチンの有効性の確認のため、ワクチン関連疾患の原因病原体別発生頻度について全数把握を行うこと。


3.感染症対策およびワクチン施策を迅速かつ円滑に行うため、現在のワクチンメーカーと医薬品医療総合機構および外部専門家によるワクチンの審査組織を改善し、小児市中感染症の専門家、ワクチン疫学の専門家、ならびにワクチン関連疾患の罹患家族などワクチン接種者の代表を加えた委員会および審査組織の構築




厚労省副大臣要請

今回は迷いながら息子を連れて一連の請願行動をしてきました。
子どもを連れてあのような場にでることは正直悩みました、
前回国会請願署名提出時には劇症型のHib感染症でお子さんを亡くしたご家族からの
直接の訴えもあったのに審議もされず未了とされた経緯があり
どのような思いでお話してくれたかと考えると悔しくてかなしくて・・・
言葉で説明しても想像して理解いただけないのであれば、
髄膜炎の後遺症がどのようなことを招くのか直接目で見ればわかるだろうか?

出発前には、息子同様、障碍を抱えるお子さんをお持ちのお母さんたちやご家族からは、
かなり反対のご意見も受けました。
でも一生涯後遺症と向き合うということがどういうことなのかということは、
当事者・家族・その身近にいる人々以外では残念ながらなかなか目にも入らず、
普段は考えることすらなく、それなのに想像をしろといっても難しいであろうということは、
私自身も息子が髄膜炎後遺症児にならなければ同じ立場であったのですから
残念ながら容易に理解できてしまうのです。
細菌性髄膜炎の後遺症は私自身のも家族にも・・・
息子の周りのすべての人にいろいろな意味において大きな影響を与えました。
いま現在も与え続けています。

そして息子を連れていったことは、
私自身も防げる病気から我が子を守ってやれなかったバカな母として
防げる病気を防ぐワクチンを知らなかったバカな日本人の1人として、
息子の後遺症とそして細菌性髄膜炎という疾患と正面から向き合い
これからも生きていくことへの自分自身への誓いの意味でもあったのかもしれません。





スポンサーサイト

国会請願署名を提出しました!!

本当にたくさんの方がご協力くださった。
2009年「細菌性髄膜炎から子どもたちを守るワクチンの早期定期接種化を求める請願署名」
47,130筆
みなさまのご協力に心より感謝申し上げます!!


今回の署名は
昨年も同様の項目で5万5千筆の署名をみなさまからよせていただき
紹介議員7名を通して提出したのにもかかわらず審議未了・・・
この苦く辛い経験・・・
多くの当事者・家族をはじめ
多くの支援者が落胆し、失望して。。
私たちの声は届かないのか・・
どうしたらこの想いが国へ届くのか?
傷つき・悩み・・・

それでも、再び署名という形でより多くのみなさまにこの問題を知っていただき
地道に理解を深めていこう!!
そんな決意で臨んだ請願署名でありました!!

去る、2009年10月27日
みなさまの思い・願いのこもった署名を提出してまいりました。
国会内の会議室をお借りして、昨年同様さらにこの問題を深く知っていただくための学習会を
行いました。
当日は臨時国会召集2日目のご多忙な中貴重なお時間を割いてくださった
衆・参両国会議員のみなさまをはじめ
関連団体やメーカー関係者ら約50名が国会内に参集しました。
学習会では「VPDを知って、子どもを守ろう。」代表の薗部友良先生に講師を務めていただき、
『ワクチンにおける日本の現状と髄膜炎関連ワクチンの定期化の必要性について』をテーマに、
ワクチンで防げる疾患そしてワクチンの有用性、定期接種化への課題
これまでに到る問題点など専門的な分野もわかりやすく解説いただき、
「防ぐことができる感染症はワクチンで防ぐ」ことの重要性を改めて認識することができました。  
またその後の質疑応答では議員のみなさまからの率直なご意見ご質問を賜り、
定期接種化の確保にむけ、いっそう幅広い関係者の共同を広げ、
みなさまと共に課題を乗り越える取り組みを展開する意思確認ができました。

学習会2





当日参加くださった国会議員のみなさま(順不同)


1  田嶋 要    議員  民主党
2 吉田 統彦   議員  民主党
3 橋本 勉     議員  民主党
4 初鹿明博    議員  民主党
5 福田衣里子   議員  民主党
6 和嶋 美希   議員  民主党  
7 石原洋三郎   議員  民主党
8 山口 和之   議員  民主党
9 大島九州男   議員  民主党
10 宮崎 岳志   議員  民主党
11 下田 敦子   議員  民主党
12 古屋 範子   議員  公明党
13 後藤田正純  議員  自民党
14 小池 晃    議員  共産党

当日参加くださった議員秘書のみなさま(順不同)


1 樋口  俊一 議員秘書 民主
2 相原  史乃 議員秘書 民主
3 柿沼  正明 議員秘書 民主
4 菊田  まきこ 議員秘書 民主
5 山崎  摩耶 議員秘書 民主
6 佐藤 ゆうこ 議員秘書 民主
7 三宅  雪子 議員秘書 民主
8 岡本  充功 議員秘書 民主
9 福田 衣里子 議員秘書 民主
10吉良  州司 議員秘書 民主
11吉田  公一 議員秘書 民主
12藤田  憲彦 議員秘書 民主
13松木  謙公 議員秘書 民主
14近藤  昭一 議員秘書 民主
15大島九州男 議員秘書 民主
16古屋  範子 議員秘書 公明
17大口  善徳 議員秘書 公明
18鰐淵  洋子 議員秘書 公明
19志位  和夫 議員秘書 共産
20高橋  千鶴子議員秘書 共産
21小池  晃 議員秘書 共産
22川田  龍平 議員秘書 無所属

当日メッセージを寄せてくださった議員のみなさま(順不同)


1 中後 淳 議員 民主
2 道休 誠一郎 議員 民主
3 神山 洋介 議員 民主
4 石田 芳弘 議員 民主
5 生方 幸夫 議員 民主
6 高井 崇志 議員 民主
7 空本 誠喜 議員 民主
8 川越 孝洋 議員 民主
9 金子 健一 議員 民主
10湯原 俊二 議員 民主
11松崎 哲久 議員 民主
12稲富 修二 議員 民主
13若井 康彦 議員 民主
14菊田 真紀子 議員 民主
15杉本 かずみ 議員 民主
16岡田 康裕 議員 民主
17稲見 哲男 議員 民主
18大久保 勉 議員 民主
19林 久美子 議員 民主
20谷合 正明 議員 公明
21荒木 清寛 議員 公明
22秋葉  賢也 議員 自民
23田野瀬良太郎議員 自民
24紙  智子 議員 共産
25辻元  清美 議員 社民






構想日本主催「第147回J.I.フォーラム

去る2009年10月26日に行われた
構想日本主催「第147回J.I.フォーラム ”新型インフルエンザを迎え撃つ”」にて
発言させていただく機会を与えていただきました。

フォーラムでは新型インフルエンザワクチンの最新の情報とともに
ワクチン行政のあり方、そして国民の感染症への意識、
モラルの向上など話題は多岐にわたりました。


お招きくださった構想日本のみなさま大変お世話になりありがとうございました。

当日司会進行を勤めてくださった東京大学上昌広先生
新型インフルエンザ対策チームでご活躍中の自治医科大学の森澤雄司先生
先駆的な感染症対策を行っておられる滋賀県湘南市の谷畑英吾市長
各分野の専門家のみなさまの貴重なご意見を生で頂戴し
そして母親代表で発言させていただきました。
【細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会】の活動を通じて見えてきた
日本のワクチン施策の問題点やワクチン導入へのシステム事態が確立されてないことなど
お話したいことはたくさんあったのですけれど、うまく伝えられたかは・・・
しかし立場が全く異なる

構想日本
(左から森澤雄司先生・田中・谷畑英吾市長・上昌広先生)

私たちはワクチンラグ(ギャップ)だけではなく
ドッラグラグも薬害もそれぞれ一見別々の問題のようにも見えるこれらの問題は
根源には同様の大きな問題を抱えていると感じています。

私たちの視点はどこまでも患者であり単なる気付きに過ぎないのかもしれませんが、
髄膜炎関連ワクチンから見えてきたことを
できるだけ多くのみなさんにお伝えして
ぜひともみなさんにも一緒に考えてもらいたいと考えています。

私たちが以前からワクチン行政においては必要だと訴える米国のACIPのような機関
すでに様々なお立場のみなさまも必要性を訴えてくださっていますが・・

今回のフォーラムのように立場がまったく違う者が集まり、ひとつのテーマについて
それぞれの考えを伝え考える場、広く開かれた議論が行える場であってほしいと願います。

それが国・患者・医療従事者・・国民すべての人にとって
よりよい医療や薬事行政へとつながり発展していくのだと思うのです。


プロフィール

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

Author:細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
細菌性髄膜炎・ワクチンの詳細については
細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
をご覧ください

つぶやきボタン
Twitterにご意見感想を気軽につぶやいてみてください^-^*
Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。