スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望するすべての子どもにワクチンを!!★デモ行進参加者募集★

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会】では

来る、2010年10月14日(木)
に行われます

希望するすべての子どもにワクチンを!!★デモ行進
http://vaccinedemo1014.web.fc2.com/
に参加いたします

日本のワクチン事情は先進国から見ると10年~20年遅れがあります。
この間、ワクチンがあり防げた疾患、罹らずに済んだ感染症の被害にあってきたのは
自らは被害を訴えることのできない幼い子どもたちです。
守ってほしいと言葉にすることのできない幼い子どもたちなのです。
この子たちに代わって訴えることができるのは、私たち大人以外にいません。

この現状を知り声ににしないということは
無意識に子どもたちの苦しみに目を背けていること・・・
無意識に加害者になってしまっているといこと・・・
皮肉なことに、私たちの大切な子どもたちを
守ってあげられないのは、私たちすべてのおとなにも原因があるのかもしれません。

この現状を知った私たちは行動をおこしましょう!!


希望するすべての子どもにワクチンを!!デモ行進参加募集サイト
をご覧になり
できる方法でこの行動に参加しましょう!!

私たちと一緒に子どもたちの笑顔と健康を守るためデモ行進に参加ください!!
スポンサーサイト

子どもたちは自分では訴えられない!

今回の声明は
私たちはHPVの助成を反対しているわけではありません
むしろ早く国内でもコンセンサスが得られ一刻も早く定期接種になってくれればと願っています。

みなさんは感じておられるでしょうか?
私たちの住む日本はワクチン後進国です。
私たちが訴えてきた細菌性髄膜炎関連ワクチン以外にも
急務の課題は山積みです。
危険な生ポリオが使われ続けている事も
海外からも非難を浴びるはしかや水ぼうそうの輸出国になっている問題も
ムンプス難聴を生み出しつづけるおたふく風邪も
B型肝炎の接種の適応を限定している先進国は他にはありません。
作為、無作為どちらにせよ、被害を生み出し続けているどれも急がなければならないワクチン施策ばかりです。
そしてその多くの被害者は幼い子どもたちなのです。
子どもたちは私たち大人のように直接その被害の重大性や深刻さを訴える事はできないのです。

私の6才になってもしゃべれぬ息子が
もししゃべる事ができたなら…
彼は
何を聞きたいのだろうか?
何を言いたいのだろうか?
いつもいつも考えつつ活動をしています。

彼は

《いのちは等しい》
と一番言いたいのだろうと感じています。

しかし、残念なことに
彼の声は…
子どもたちの声は…

私たちは自らの痛みは誰よりも感じれますし
訴える事もできますが
子どもたちの痛みは思いやり、想像する他ありません
容易い事ではないと思います。
でも想像してみましょう。
自らは訴える事ができない子どもたちの代弁者が
もっともっと増える事を願っています。

子宮頸がん予防対策強化事業創設に伴う緊急声明

【細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会】では下記の緊急声明を2010年9月9日に発表いたしました。

子宮頸がん予防対策強化事業創設に伴う緊急声明
厚生労働省は、「子宮頸がん予防対策強化事業」として150億円を平成23年度予算概算要求に盛り込んだ。同事業は各地方自治体に対しHPVワクチンの費用の1/3程度を助成すること等により、HPVワクチン接種にかかる情報収集・分析をすすめることを目的としている。厚生労働省は8月27日に開かれた厚生労働省の第12回厚生科学審議会感染分科会予防接種部会で、ヒブ(インフルエンザ菌b型)や肺炎球菌のワクチンについてはかなり定期接種化のコンセンサスが得られている一方、HPVワクチンについてはまだ議論があるとし、だからこそ、情報収集して判断、評価する必要があるという旨の理由を説明した。このことから「子宮頸がん予防対策強化事業」の大きな目的の一つが、HPVワクチンの定期接種化に向けた情報収集・分析であることがわかる。
定期接種化に向けて任意接種費用を国が助成するのは、初めての試みである。我が国は「ワクチン後進国」と揶揄されるほどワクチンの定期接種化が進んでおらず、世界保健機関(WHO)が推奨するワクチンの約三分の一は任意接種のままかワクチン導入すら達せられていない状況にある。これらWHOが推奨するワクチンについても、HPVワクチン同様に予防対策強化事業が実施されることで、定期接種化に向けて迅速な検討を行うことができ、早期の定期接種化とワクチン・ギャップの解消が期待される。
HPVと同様に定期接種化の世論が大きく、多くの地方自治体が費用助成を行っているヒブと肺炎球菌については、先の予防接種部会で定期接種化のコンセンサスが得られているとの説明がなされた。したがってヒブと肺炎球菌についてはHPVのように任意接種費用に対して助成し情報収集を進める必要は無く、早期に定期接種化が実現されることが期待される。予防接種部会に設けられた小委員会の評価を受け、来年度からの定期接種化が望まれよう。既にコンセンサスが得られている以上、子どもたちを細菌性髄膜炎からワクチン接種により守るために、一日も早い決断が必要であり、いたずらに時間を費やして子どもたちを防げるはずの疾病に罹患させる不作為の被害を生じ続けてはいけない。
以上のように、ワクチンギャップ解消に向けて大きな一歩となることが期待される「子宮頸がん予防対策強化事業」であるが、概算要求に至る過程が明らかにされていない。150億円を投入してどのような結果を得られると見込んでいるのか、決定に至るまでにどのような意見がだされたのか、議論には誰が参加したのか、一切明らかにされていない。何より、公費を投入するものであり、従来の予防接種行政のあり方とは大きく異なる新たな手法である。いつ、どこで、誰が、どのような議論を交わし同事業の実施を決定したのか、政府は国民に説明しなければならないだろう。
私たちはここに、次の3つの項目の実現を強く求めるものである。

一 ヒブ、肺炎球菌の定期接種化を速やかに決定すること
一 WHOが推奨するワクチン・疾病について、HPVと同様の事業を速やかに実施すること
一 「子宮頸がん予防対策強化事業」の決定過程を明らかにすること


テーマ : 予防接種 - ジャンル : 育児

プロフィール

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

Author:細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
細菌性髄膜炎・ワクチンの詳細については
細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
をご覧ください

つぶやきボタン
Twitterにご意見感想を気軽につぶやいてみてください^-^*
Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。