スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】髄膜炎発症後の発達相談をおこないます

■当事者家族のつどい(病後の発達相談あり)
日時:2010年11月23日(祝)15:30~17:00
会場:神奈川県民センター会議室 404号室
(〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
 「横浜駅」西口・きた西口を出て、徒歩約5分)

発達相談は不要の方お子さん連れでのご参加もお待ちしています。

【近郊の会員のみなさま】
なお、当日はあわせて総会もとり行います。

■守る会定期総会
日時:2010年11月23日(祝)13:30~15:00
会場:同上

■参加申し込みフォーム
パソコンから ⇒ https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P92666197
携帯からは ⇒ https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P92666197
スポンサーサイト

ヒブ・小児肺炎球菌・子宮頸がん全額助成へ一歩前進

補正予算案:16日午後、衆院通過へ

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101116k0000e010041000c.html
(毎日新聞.jp)

「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」について
が盛り込まれた今年度の補正予算案が衆院を通過しました。

この中に子宮頸がん等のワクチン接種の推進としてヒブ・小児用肺炎球菌両ワクチンの助成のための予算が含まれています。
なぜ三種ワクチンのみかの違和感は残りますが、無料化に向かって大きな前進です。
任意、定期制度の見直し
そしてすべてのワクチンが無料化とつながってくれることを願っています。

さらに
1.すべての自治体が足並みをそろえ今年度中に実施が可能なのか?
2.単年度の補正予算23年度の実施のための予算はどこから?
3.被害救済は各自治体の行政措置接種とする点(国が補償すべきでは?)

といった問題点・不明点もあり今後も注視してまいりましょう!!


【補足】
無料化へと聞くと、もう少しで無料になるのなら今受けるべき接種を見合わせようかな?とお考えに到るかもしれませんが、どうかそれだけは避けてください。
予防接種は勧められている月年齢にできるだけ接種することが、一番大きな恩恵を受けることつながるのです。
ワクチンの助成が始まるのを細菌たちは待っていてはくれません。
ワクチンは目の前にあったのに感染してしまうのだけは避けてください。
どうか子どもたちをお守りください。







髄膜炎当事者家族のつどいを開催します

1123yokohama


日時:2010年11月23日(祝)
15:30~17:00
会場:神奈川県民センター会議室 404号室
病後の発達相談あり(武内 一先生)

つどいには会員・非会員問わず参加いただけます

(〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
アクセス 「横浜駅」西口・きた西口を出て、徒歩およそ5分
参加申し込みフォーム⇒https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P92666197
    携帯からは ⇒https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P92666197

なお同会場にて【細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会】総会(13:30~15:00)を開催します。
会員のみなさまのご参加お待ちしています。



テーマ : こどもの病気 - ジャンル : 育児

プロフィール

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

Author:細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
細菌性髄膜炎・ワクチンの詳細については
細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
をご覧ください

つぶやきボタン
Twitterにご意見感想を気軽につぶやいてみてください^-^*
Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。