スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ご報告】地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム2012(その2)

二日目です

昨日のグループワークで作成したロジックツリーを各グループで課題の分類別に発表です。
われらがGグループは課題とさせていただいた問題提起をおこなってくれた筑西市の佐竹学氏が行ってくださいました。

g

(これが完成したロジックツリーです)

2日間にわたり意見交換した内容は各自地域に持ち帰り、明日からのパワーに行動にとつなげてほしいと梶井先生のまとめがありました。

そして最後は恒例の全員記念撮影!
IMG_3915.jpg

医療者・住民・行政がつながりお互いを知りあえるシンポジウム素晴らしい取り組みはまた来年の再会をお約束して幕を閉じました。
ありがとうございました!

(記:田中みき)

スポンサーサイト

テーマ : 医療と行政 - ジャンル : 政治・経済

【ご報告】地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム2012(その1)

2012年12月8日(土)9日(日)の2日間

東京、都道府県会館にて開催されました
地域医療を守り育てる住民活動全国シンポジウム2012に
代表田中が参加してまいりました。

一日目は

まず、一部は
自治医科大学地域医療学センター長の梶井英治先生の基調講演

kajii1.jpg

次に事例紹介
1、宮崎県北の地域医療を守る会さま
2、一般社団法人知ろう小児医療守ろう子ども達のの会さま
の活動を聞き

二部では
いよいよグループワークです。
AからPまで8名ずつのグループに分かれ総勢約140名のグループワークは圧巻です。

田中はGグループで参加させていただきました。
2012002.jpg

全国各地から集結したグループのメンバーの職種・立場もさまざま
医師、病院職員、薬剤師、行政担当者、そして私たちのような市民(住民)。
それぞれが問題点と思っていることを8名全員プレゼンしどの課題をテーマにするのかをまず話し合い・・・
その原因をさぐり・・・分析・・・ロジックツリーへ・・・
14:30頃から18:00近くまで。充実した時間はあっという間に過ぎていきました。

その後場所も移動して大交流会。
その中で。細菌性髄膜炎から子ども達を守る会は今回の最大のミッションです。

【予防接種で子どもたちを守ることは地域の小児救急医療を守ることにつながる!】を伝えるべく
当会の会員になってくださっています、佐賀大学地域医療学講座の坂西雄太先生の全面ご協力を賜り、坂西先生が北海道幌加内町で実践されご経験された事例をポスターにまとめてくださいました。
坂西先生、この場をお借りし改めて御礼申し上げます。

3分という短いプレゼンで詳しい内容まではお伝えできませんでしたが、この事例が示すように予防接種が助成され接種率が上がることで地域の貴重な資源である小児救急医療を守る一助になることを伝えたい思い。がうまく伝わっていれば幸いです。

IMG_3861.jpg

そして交流会は
【あかふんぼうや】の登場で最高潮に湧き大変なごやかな空気となりました。
あかふんぼうやはたかはま地域医療サポーターの会のキャラクターです。

IMG_3849.jpg
IMG_3854.jpg

おもわずなぜ?あかふん?と質問してしまいました。
(福井県のたかはま地区は海に面し昔はあかふんの子どもたちが泳いでいたんだそうです)


そして・・・参加されていた、自治医科大学の古城先生との出会いがなによりうれしく感謝いたします。
古城先生も生後間もなくB群レンサ球菌(GBS)の細菌性髄膜炎の体験者だそうです。
車いすのユーザーさんですが、お元気にご活躍されている姿は私どもの希望の光のようにまぶしく感じられます。

sei1.jpeg

テーマ : 医療と行政 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

Author:細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
細菌性髄膜炎・ワクチンの詳細については
細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
をご覧ください

つぶやきボタン
Twitterにご意見感想を気軽につぶやいてみてください^-^*
Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。